ストーンペイビング設計:SUGA
施工:自社施工
(東京都町田市)
今回の施主様は、最近お子さんが誕生された若いご夫婦で、施工例の中の石貼りテラスを気に入られ、ご相談を受けました。

どうせ石を敷くならもう少しこだわってカッコ良く、というイメージだけを共有し、後はお任せいただきました。
■施工前■施工後
施工前施工後
庭工事は、まず始めに下地をしっかりと作っておけば、管理上の大きな負担になる雑草抜きの手間も減り、ガーデニングへもすんなりと入っていけると思います。
■デザイナーからの一押しポイント!!

「ソフトアンドシャープ」
カフェでもバーでもホッと落ち着くスペースは以外と狭いことがありますね。
そこでパーティーゾーンをあえて低く狭い位置に配し、上段の際側の石はシャープな色(黒系)を使用して色彩的にも区切ることで「囲われ感」を強調しました。

適度な高低差はシーンに立体感を生み出し、平坦よりも表情を豊かにしやすいです。
素材(石)の良さは言うまでもなく、目地(白)によってその良さをさらに際立たせました。
今後植栽が成長していけばこの「囲われ感」はもっと心地良く感じられるようになるでしょう。


この手法はロックフェラーセンターを始めサンクンガーデン(沈床花壇)として海外で定着していて、日本でも最近は駅前空間や商業施設などにも数多く取り入れられ、「開かれた空間」として観光客やオフィスで働く人たちの貴重な憩いの場となっています。
一つ前の作例を見る■ ▲一覧に戻る▲