大空に溶け込む庭 設計:SUGA
施工:自社施工
(神奈川県相模原市)
Kさま邸は相模川沿いの豊かな自然に囲まれた、抜群のローケーションです。

建物前の限られた敷地を、「緑の美しさと収納を兼ね備えたスペースにしたい!」とのこと。

2台の車が入庫するとそこは本当にギリギリのスペースでした。

玄関前に設けられていた、できたてのタイル貼りのたたきも、毎日通るには歩きづらい形をしていました。

2台の車から、あるいは道路から家の中に入る時の動線に合わせた形に作り直す必要があります。


施工前写真 施工後写真
駐車場の舗装はインターロッキングに、浮いたスペースにはできるだけ緑を入れました。
各花壇は、車の入庫時の目印にもなるように、車の乗り降りの際にドアの開く部分はくぼませてあります。
●デザイナーからの一押しポイント!!

「タイル貼り立水栓」
ぎりぎりの敷地の中に、必需品である立水栓をどのように収めるか。
境界ブロックの上に立ち上げることでこの問題を解消しました。

装飾には、ポストと共に豊かな水を意識して「青」を選びました。
立水栓にはレンガや枕木を使用することが多いですが、 コケやカビ、腐食の恐れがあるのも事実です。
タイル貼りは汚れも簡単に落とせますし、色遊びもできるのでオススメです。
一覧に戻る ■次の作例を見る
HOME(www.pro-gardener.co.jp)